就活 2018卒の合同説明会

2018年の就活合同説明会の開始は基本的に3月1日から始まります。これは経団連が企業の募集要項などの就職情報を3月以降に解禁することで足並みをそろえているからです。

 

就活合同説明会の開始をあまりに早めてしまうと、学生の本業である学問へ悪影響を与えてしまうがあるため経団連が3月1日に解禁を定めています。しかし、業界によっては3月1日よりも早い段階で始めていることもあります。

 

就活合同説明会という名前での開催ではなく業界研究という名目で同業種の企業が合同で説明会を行うこともあります。

 

この業界研究会には経団連に所属している企業も存在しているため、細かな募集要項など就活情報はあまり明かされることはありません。

 

業界のことを知りたい2018年度の就活生は参加することで、より早い段階から就職活動を行うことが出来ます。こうした就活合同説明会の開催に関する宣伝は年明けぐらいからされているため事前に開催時期や開催場所に関しては知ることができる仕組みになっています。

 

各都道府県の就活合同説明会としては大手の人材開発を行っている企業の新卒をメインとしたリクナビやマイナビなどがあります。

 

リクナビマイナビなどの大手の人材開発を行っている企業の就活合同説明会には地域ごとに分けて行っています。関東では3月1日から大規模な就活合同説明会が東京で開催されます。

 

東京で行われる大手人材開発を行っている企業が主催する就活合同説明会は全国的にもかなり大きな規模のものとなっており、全国から多くの就活生が参加します。そのため多くの主要な駅から、専用のシャトルバスが出るなど都道府県が力を結集させて開催しています。

 

関東で開催される規模ではないものの、就活合同説明会は多くの地域で開催される予定です。こうした就活合同説明会には業界や職種にとらわれないぐらい幅の広い企業が出展しています。企業の規模も幅広いため規模の大きな企業に就職したい学生も、規模の大きくない企業に就職したい学生も参考になることが多いです。

 

こうした地域によって分割された就活合同説明会以外にも同業種によって開催される就活合同説明会がある。同業種によって開催される就活合同説明会は地域によって開催される就活合同説明会よりは大きくないものの、業界の企業を一度に知ることが出来ます。

 

多くは全国の主要な都市で開催されます。2018年度の就活生の中でもある程度業種や職種などの希望が定まっている場合は地域別に開催される就活合同説明会よりも同業種で開催される就活合同説明会に参加するほうが多くのことを得ることが出来ます。

 

逆に希望する業種や職種が定まっていない学生は、多くの種類の企業が参加する地域ごとに開催される就活合同説明会に参加するほうが多くのことを得ることが出来ます。

 

就活 2018卒の合同説明会のまとめ

以上のことをまとめると就活合同説明会は地域ごとで大規模なものが開催されます。最大規模の就活合同説明会は東京で開催されるものですが、ある程度自分の希望が定まっている2018年度の就活生は業種別に開催される就活合同説明会に参加することも選択肢のひとつです。

 

2018年の就活合同説明会までに準備しておくことは自分の希望の職種や業種、雇用形態、勤務地、待遇などできる限り企業について下調べをしておくことが大切です。就活合同説明会にはとても多くの企業が参加するため1日ですべての企業を知ることはできません。

 

多くの企業がある中事前に自分の興味のある職種などに関して調べておくことで、本当に知りたい企業の情報を知ることが出来ます。当日会場に行って企業に関して調べても中途半端になってしまうため企業のことを詳しく知ることが出来ません。就活合同説明会が充実することで以降の就職活動もスムーズに行うことが出来ます。