2017年の就活解禁はいつだった?

2017年の就職活動の解禁は6月だった。また、企業の募集要項などの就職情報は3月から提供された。しかし就職活動の解禁を6月と定めているのは経団連の方針であるため、経団連に参加していない企業は6月よりも前に就職活動を解禁していた。

 

さらに、企業の就職の募集要項などの情報は3月に解禁だったため、6月よりも早く解禁している企業も存在した。就職活動が6月より早く始める企業は説明会の名目で学生を集め、就職活動を行っていた。就職活動の解禁の足並みがそろわない背景には経団連が毎年就職活動の解禁の時期を変更していることに対する不満があるからである。

 

早めに就職活動を解禁した企業に優秀な人材が集まり、逆に就職活動を解禁を守っている企業ほど優秀な人材を悪保できないケースが生じてしまっている。以上のことをまとめると2017年の就職活動の解禁は形式上は6月だったが、実際は6月より早くに就職活動を解禁している企業は存在した。

 

2018年の就活解禁はいつ?

2018年の就職活動の解禁は2017年と同様に6月と定められている。経団連は毎年タイミングを変更することにより企業や学生に混乱を生じさせてしまっていることを反省し、前年と同じタイミングで就職活動の解禁をすることと定めた。

 

しかし、企業は前年に就職活動の解禁を早めることで優秀な人材を確保できると経験したため、今年は前年以上に就職活動の解禁を早める企業が増えると予想されている。

 

経団連は就職活動の解禁によって人材の確保に差が出ないように対策を考える必要があると言われている。対策を考えるにあたって就職活動は企業と学生のマッチングが重要であるということを前提に考えなければならない。

 

以上のことをまとめると2018年の就職活動の解禁は2017年と同様に6月である。しかし、2017年よりも就職活動の解禁を早める企業は増加することが予想されている。

 

2018年に早めに就活が解禁される企業は?

2018年に就職活動の解禁を早める企業は外資系の企業や経団連に属していない企業、また、企業規模が大きくない企業であると考えられる。

 

外資系の企業は就職活動の解禁の足並みをそろえる必要がないと考えている企業が多く、6月よりも早く就職活動を解禁させる。また、外資系の企業は優秀な人材を多く必要としているため、6月の就職活動の解禁よりの前に多くの優秀な人材が就職活動が終わっている状況が発生する。

 

また、経団連に属していない企業も就職活動の解禁を早めることが考えられる。経団連に属していない企業は6月の就職活動の解禁を厳守する義務が発生しないためより早い段階で優秀な人材の確保を行うことがある。

 

さらに、企業規模が大きくない企業も就職活動の解禁を早めることが考えられる。規模の大きな企業は社会に与える影響が大きいため経団連が定める6月を厳守する傾向がある。企業規模が大きな企業は学士からの人気も高いため就職活動の解禁を早めなくても優秀な人材を確保できるため、6月の解禁を守っている。

 

しかし、企業規模が大きくない企業は優秀な人材の確保が難しい。外資系の企業や経団連に属さない企業が就職活動の解禁を早めることで優秀な人材を大量に確保してしまうため、企業の大きくない企業も就職活動の解禁を早めることでより優秀な人材を集めることができる。

 

企業規模の大きくない企業は企業規模の大きな企業が6月に就職活動の解禁をしてしまうために優秀な人材を集める必要があるため、6月よりもかなり早い段階で就職活動の解禁を行うことが考えられる。以上のことをまとめると2018年に早めに就職活動の解禁を行う企業は外資系の企業や経団連に属していない企業、さらに、企業規模が大きくない企業であると考えられる。

======================
【話題の記事こちら】

コードブルー3 動画 最終回
陸王 動画
======================